2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.05.18 (Wed)

お遍路 13

Day 13(5/13)

今日からは天気の心配をすることも無いので、安心して出発!

78番 仏光山郷照寺
DSC00714_R.jpg

遍路道を進むと商店街に突入~
DSC00719_R.jpg

79番 金崋山天皇寺
DSC00721_R.jpg
納経所では呼び鈴などで呼び出しして、ご朱印をいただくこともあるのですが、
ここの場合は~
DSC_0347_R.jpg
大当たり~
とか叫ばないし・・・

80番 白牛山国分寺
DSC00724_R.jpg
ここの中には、ミニ八十八カ所巡り~
DSC00726_R.jpg

次へは、歩きは直線的に登山~自転車は車道なんでかなり迂回、五色台という高台にあるらしい
DSC_0348_R.jpg

登る・・・
DSC00733_R.jpg
天気は良いが、黄砂?の影響でスッキリしません。
本当なら瀬戸大橋やらも見えるのに・・・
それにしても、香川の山は面白い形のが多いw
DSC_0349_R.jpg

ロードバイクの人~数人に追い抜かれながら~

81番 綾松山白峯寺
DSC_0350_R.jpg
遠足?でこんなところに来るのか?みんな熱心に先生の説明を聞いてました!
DSC00741_R.jpg

次も、同じ五色台の上にある札所なんですが~ここから、登ったり下ったり

82番 青峰山根香寺
DSC00742_R.jpg

ここから高松市内に突入したいところなんですが、一旦~南下して

83番 神毫山一宮寺
DSC00748_R.jpg

よしっ!高松市内に突入開始!
徳島市・松山・高松と都会では自転車が走りやすいのが良い!
DSC00750_R.jpg
大きな交差点には地下道が完備されてるし~ありがたい・・・

次のこと考えてたら、高松市内はスルーでした(笑)
泊ることも考えたが、まだ昼だし(^^ゞ

次の屋島寺も山の上
DSC00751_R.jpg
この山の上にあるんですが、屋島ドライブウェイしか登る道がなく~この道は自動車専用道路で原付や歩行者も通れないらしい!もちろん自転車では上がれない~自転車に残された方法は2つ

①登山道入り口に自転車を置いて登山
②麓の琴電屋島駅からバス

まあ、バスで行きますw

84番 南面山屋島寺
DSC00752_R.jpg

次は五剣山という山の上~
でも。ケーブルカーがある!
DSC_0353_R.jpg
ロープウェイ同様に自転車ごと乗れる
DSC00761_R.jpg
今回は、下りダウンヒルを選択~

85番 五剣山八栗寺
DSC00764_R.jpg

四国の遍路道上にはいろんな形でマーキングされている
DSC00766_R.jpg
順打ちの場合は、この印を頼りに進むことも可能~途中無かったり見落としたりしても歩き遍路の人を見つければ一安心です(^^)

86番 補陀落山志度寺
DSC00767_R.jpg
ここまで来て初めて、ご灯明をあげることができませんでした(^^ゞ
DSC_0356_R.jpg
こんな時は、どうするのがベストなんだろう?

残り時間もあと僅か・・・次を目指す!
ハリウッドばりの看板があるオレンジタウンの沿いを進み
DSC_0357_R.jpg

87番 補陀落山長尾寺
DSC00778_R.jpg
ギリギリ間に合った!

今日の宿は、長尾寺まえのここ
DSC_0359_R.jpg
やはり、夕食の時に遍路話で盛り上がる~
ここまで来て、道中ビジネスホテルに泊まったことを悔やむ
全て遍路宿にしとけばよかった・・・

残す札所は、あと1つ!

13日目
走行距離 :88.90キロ
総走行距離:1180.9キロ
スポンサーサイト
07:52  |  お遍路  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rajibaka.blog51.fc2.com/tb.php/46-d0cf0a05

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。